Q&A

こちらのQ&Aには、当クリニックのシステムについて皆様からの多かった質問を公開しています。
この他にもわからないことがありましたら、遠慮なく、メールでご質問下さい。
随時更新していきます。なお、病気、妊娠中の異常に関してのご質問はご遠慮願います。

Q どのような診療を行うのですか?

A 分娩、妊婦健診などの産科一般、胎児ドック、遺伝相談、羊水染色体検査、 子宮がん健診、卵巣腫瘍、更年期相談、子宮内膜症、性感染症、月経不順、 月経困難症、不妊症一般、避妊相談などを行う予定です。

Q 診察は予約制ですか?

A 当クリニックでは待ち時間を最低限にするために、原則予約制です。予約はインターネット、携帯画面、電話で頂いております。

Q どのようなお産を行うのですか?

A それぞれのバースプランに沿ったお産をコーディネイトします。

フリースタイル分娩、立ち会い分娩、医学的適応のある帝王切開などを行います。
特にカンガルーケアを積極的に行います。分娩後は母児同室となります。

Q 無痛分娩はできますか?

A 硬膜外麻酔と脊髄くも膜下麻酔を組み合わせたCSEA(combined spinal epidural anesthesia)という方法で基本的に行います。この方法は硬膜外麻酔単独の場合に比べ鎮痛効果発現までの時間が非常に短く満足度の高い方法です。 

また、副作用が少なく分娩経過にも影響を与えにくいと言われております。非常に高度な手技であるため日本国内でも行っている施設はほとんどありません。

Q 無痛分娩は24時間対応ですか?

A 24時間対応させて頂いております。無痛分娩ご希望の方には確実に無痛分娩ができるように基本的に計画分娩とさせて頂いておりますが、まれにご自宅で陣痛が来て急速にお産が進んだり、ご自宅でお食事の直後に陣痛が来たりするなどの理由により麻酔がかけられない場合があります。

Q 無痛分娩は安全なのですか?

A 当院では2017年7月まで1107例の無痛分娩を行い、すべて安全に施行できております。無痛分娩が普通分娩に比べ特に危険ということはありません。

麻酔という医療処置が加わることによるリスクはありますが、万が一副作用が発生した場合に適切に治療を行えば大事に至ることはありません。
当院でも十分な体勢を整えさせて頂いております。更に詳しくは成城マタニティクリニック開院ブログもご参照ください。

Q 部屋はどうなっているのですか?

A お産後のお母さんが入るお部屋はすべて個室で全部で5タイプあります。

和室と洋室を用意しております。
お産が終わった時点で空いている個室の中から選択して頂きます。
希望の個室が空いていない場合は後から空いたときに移ることも可能です。


Q 子供を連れて入院はできますか?

A お子様もできるだけお産に立ち会って頂くために、お産の当日(午後のお産の場合は翌日まで)入院可能です。

Q 里帰り分娩は可能ですか?

A もちろん可能ですが、早めに分娩予約だけはお取り下さい。

Q 駐車場はありますか?

A 当クリニックの敷地内には数台分の駐車スペースしかありませんが、近隣に十分なスペースがあります。

分娩予約を頂いている方にはあらかじめ詳しくお知らせしますが、不明な点などあれば遠慮なく質問して下さい。

Q 胎児ドックって何ですか?

A 通常の妊婦健診時に行う胎児エコーは推定体重や羊水量の算出などが主な目的で、赤ちゃんの体の細かい部分までみることは難しいことでした。

胎児期の超音波で赤ちゃんに100%問題がないか分かるわけではありませんが、例えば通常行っているレベルの超音波検査では緊急を要する心臓の病気ほど胎児期に疑われることが少ないというデータがあります。
そのため胎児ドックという詳しい超音波で異常がないことはお母さん達により安心感を与えることと思います。
また、万が一何か異常が見つかった場合は、あらかじめ高次医療施設に紹介して胎児治療や生後すぐに適切な治療を受けてもらうことも目的としています。